棚田みんなの広場

76420
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

浅野さんが小山市長に - ろばた

2020/08/02 (Sun) 21:14:18

 栃木県以外の方はご存じない と思いますので 独断で投稿です C班で ご活躍されていた 浅野さんは 小山市長選挙に立候補 当選されました 8月1日から登庁されておられます おめでとうございました 

ホタル出始めました2 - B班 大垣

2018/06/03 (Sun) 09:17:04

上の方、Ð/E班の棚田も飛んでます。

ホタル出始めました - B班 大垣

2018/06/03 (Sun) 09:12:23

昨日一昨日夜、塩沢さん、森島さんとホタル観賞。発生始まっています。タヌキがあぜ道を闊歩、山からイノシシの鳴き声、昼の棚田と違っていい感じです。発生早いですね、今年は。

はじめまして。教えてください。 - 安藤

2018/02/09 (Fri) 08:37:24

はじめまして。
この画像を見て、ここのサイトにたどり着きました。
住んでるところは遠いのですが、ぜひ行きたいです。
この画像のようになるのはいつ頃なのでしょうか?
教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Re: 田植えのすぐあとですね - ろばた

2018/03/01 (Thu) 14:08:12

田に小さな稲の苗が見えます 田植えから一週間程度のころかな と思いますよ

今年もよろしく - ろばた

2017/04/08 (Sat) 08:13:46

大した戦力にはなりませんけど 今年もやることにしました
よろしくお願いいたします
初めて参加の方が七組もいると・・ 嬉しくなりました
子供さんの姿がいっぱいなのは 良いもんです
 昔は ろばたも娘夫婦と孫を伴っての参加でした
あの頃は 小学生と未就学児でしたが 今じゃ大学生も
 息子の嫁と孫を連れて参加の時は 「今日は若い方を・・」と 話しましたら 
「なに? 二号 三号? 」なんて 
びっくりするようなことを 仰る方も居られましたっけ
 

C班は昼食会 - ろばた

2017/05/26 (Fri) 20:38:50

6月17日 あじさいで昼食会 連絡いただきました
阿部さん有難う 

棚田オーナーになって良かった! 八木隆

2016/05/28 (Sat) 23:20:46

私がこの棚田オーナーに申し込んだのは、妻の病気療養を兼ねた日常の転換、食の安全を優先したい、また定年後夫婦で何か一緒にできるものを見つけたいと考えていた時に新聞で棚田オーナー募集の記事を見つけ、妻と参加しようと決めました。
棚田オーナーになって良かった事の例を挙げるときりがありませんが、棚田の生育変化と茂木までの道のりで季節を感じる事に感動します。また、道の駅での買い物とそれらを子供家族におすそ分け名目で孫の顔を見に行く口実ができたこと。そしてなにより妻が頑張ってみんなと一緒に作業をしていることに驚いています。この棚田の空気や緑が元気をくれているに違いありません。今は近い将来子供夫婦や孫とこの棚田で一緒に作業できる日がくることを楽しみにしています。
最後に棚田保全協議会の皆さんのフォローのもと、毎年の豊作につながっている事に感謝します。

Re: 棚田オーナーになって良かった! - 棚田 塩沢

2016/05/29 (Sun) 21:54:44

八木さん、ありがとうございました。
オーナーとなった理由っていろいろありますよね。
今度子供さんやお孫さんを連れて来てください。田んぼにいれるとはじめは嫌がるとは思いますがきっとお孫さん喜ぶと思いますよ。
ここ2年豊作です。3年連続の豊作を期待して一緒に汗を流していきましょう!

Re: 棚田オーナー - ろばた

2016/06/05 (Sun) 17:27:19

私も最初は孫に田んぼの農作業を体験させたくて応募したのでした小4と1年 幼児でした 中学生までは来ましたが それ以後は 妻も誰も来なくなり 孤軍奮闘です 孫たちは今大学4年 1年 高専1年 速いもので それだけ歳を取りました
 八木さんもどうぞお孫さんを連れてきて体験させてあげてください

Re: 棚田オーナーになって良かった! - C班 小田島

2016/06/11 (Sat) 00:41:56

八木さん 掲示板への投稿ありがとうございます。
何時もお疲れ様です。何も知らずにこきつかってしまい申し訳ありません。 田の作業は『立ってるものは親でも使え』的な話を子供の頃から母に聞かされていた為かな~(笑)

棚田のオーナー制度を導入されて今年は15周年になるようです。
オーナーさんもだんだん高齢化しています。無理しないで楽しく汗を流しましょう。汗はかいていただきます。(笑)

次回 C班の交流会 楽しみにしております。(゜∇^d)!!

Re: 棚田オーナーになって良かった! - ろばた

2016/06/18 (Sat) 21:08:25

 交流会 楽しかったです ピザなんての 生まれて初めて食しましたが こういう会合があるのは よろしいなと思います
お世話になりました ありがとう これからもよろしく
 自己紹介をし合いましたが 一度だけでは 半分も表には出せないと思います またのちの機会を期待します
ろばたって誰だ? いのせだ です

ホタル観賞会の後で - C班 小田島

2016/06/17 (Fri) 14:30:51

明日はホタル観賞会ですね~♪

連休とりましたので交流館に泊まりますよー!

どなたかに一緒に呑みませんか~(^-^)/

Re: ホタル観賞会の後で - ろばた

2016/06/18 (Sat) 19:15:29

 泊まって 一杯やりたかったけど 今回はご免
一度は 交流館で一泊してみたいなと 思っています
でも 今日は あじ彩で 皆さんと会食できて 良かったです
三木さん お世話になりました 
小田島さん 飲み過ぎなかったかな 

C班は会合 - ろばた

2016/06/05 (Sun) 17:29:56

18日 C班有志は あじさいで会食することになりました
阿部さん 連絡有難うございました 

残念な出来事 - 東京から来た家族

2016/05/02 (Mon) 18:45:14

美しい里山の風景が大好きで、毎年家族で茂木を訪れていました。今年は、友人家族も誘って、石畑の棚田を初めて訪れました。下にあった小さな駐車場に車を止めて、子供たちは田んぼでカエルを見つけて大喜び。私は中ほどにあった案内板を読んでいましたら、農作業をされていた年配の男性が軽トラでやってきて、いきなり「おい!おめぇ。その赤い字のところ読めよ。ここは観光地じゃねえんだよ。たんぼに入るんじゃねえバカ」と、ヤクザ口調で言われました。子供たちも聞いていて、かなりショックを受けていました。

Re: 残念な出来事 - 棚田 塩沢

2016/05/06 (Fri) 22:28:19

東京から来た家族さん、この度は、地元の者が気分を害される対応されたとのことお詫び致します。
ただ棚田は決して観光地ではなく私どもにとってはお米を生産する大事なところです。
きっと暴言を言った地元のの者もむやみに観光地の如く足を踏み入れられたことに言ってしまったのだと思います。
いまでは棚田なんていってますが、私たちにとっては毎日食べるお米を生産する田んぼです。そのことは、ご理解下さい。

Re: 残念な出来事 - ろばた

2016/05/07 (Sat) 10:31:49

 「田んぼに入るんじゃねえ バカ」との 栃木弁は ヤクザ口調に聞こえるかな 
しかしながら 田んぼに入っちゃ~ いけません 子供の遊び場にされてしまう と感じるのは 農家の者なら当然です 
あなた以上にショックを受けたのです
今度から気を付けてネ   

Re: 残念な出来事 - C班 小田島

2016/05/08 (Sun) 03:52:09

東京から来た家族さん、私も大変なショックを受けました。
私は【石畑の棚田】のオーナー契約者の一人です。
美しい里山が好きで毎年茂木町を訪れているとの事、ありがとうございます。では、【道の駅もてぎ】も御存知ですね。おそらくそちらで日本の棚田百選である【石畑の棚田】の事を知られて来られたのではないかと推測します。【石畑の棚田】は年会費3万円を納め3月~11月迄のオーナー契約をされた方が稲作をする大事な土地です。
貴方様が東京のどのようなお住まいに住まわれてるかわ存じませんが、借りにマンション住まいだとしましょう、住人以外の方が立ち入ったらどうでしょう。オートロックや暗証番号や管理人が居たり等のセキュリティは昨今厳しいのではないでしょうか。
では次に、貴方様が持ち家に住まわれていたら、勿論他人様が敷地に入るなんて電気やガス、水道の検診でさえも装ってくる怪しい輩を疑いますよね。 因みに、私は持ち家に住んでますがこちらから門扉を開けもしないのに玄関先に入ったものなら怒鳴り付けますよ。

【石畑の棚田】は 毎月一回 50組以上のオーナーさんが集まってお米を作る所で、管理されてる土地です。そんな私有地に入ってしまわれたのですね。お子様に怪我はされませんでしたか? 田んぼの廻りには電気柵が張り巡らして有ったはずです。電気柵は動物に電気ショックを与え動物を追い、大切な作物を守るシステムです。60キロも有るような大きなイノシシも出るんですよ。(先週ワナで駆除されたものは80キロだとか) イノシシはまだいい方だと思います。一番厄介なのはマムシがいるのでたとえオーナー契約者でも地元の管理者がいる月一回の作業日でないと危険で入れないんですよ。怒られた事で気分を害されたかもしれませんが、御子様が怪我をされなくてよかったと思いました。私がショックを受けたのは貴方様達が怪我をされないようにとの事を踏まえて入っちゃダメだ、と言われた(言われ方)を気にされてますが、地元の方はアトラクションの担当職員では無いので言葉が悪くても当たり前だと思ってください。

因みに、オーナー契約者の中には子供連れのファミリーも大勢いますが皆さん初めは怒られてますよ。(笑)
むしろ、先輩オーナーが率先して怒ります。 それは皆が安全に和気あいあいと作業を楽しむために集まってるからです。

長くなりましたが、御子様がいらっしゃる様な大人の方なら理解して戴けると信じております。

最後に、美しい里山が好きで毎年茂木町にいらっしゃってるのでしたら、来年度はオーナー契約されて私達と楽しく自然を満喫しながら美味しいお米を作ってみませんか?!
その時は心から受け入れたいと思いますので、今から心待にしております。それでは失礼致します。
PS. 怪我をされなくて本当によかった!

参加して10年になりました。 森重直樹

2016/05/03 (Tue) 17:59:13

入郷の棚田に参加していつの間にか10年になった。毎年、来年はどうしょうと考えているうちに結局は継続していた。10年も継続させたものは何だったのだろう。大きく2つあるように思う。1つは子供の頃、親の手伝いで田植えや稲刈りをやったこと。そのことが私を棚田から離れがたいものにしている。もう一つは、最初に参加した時、子供を参加させたことである。その子供も結婚し、今は孫も参加している。皆、東京とその近在である。土(泥)や水や虫や自然の有難さを知らない。そこから美味しい米が生まれる事を実感してほしい。そして、田圃(棚田)の大切さを知ってほしい。当たり前だが、孫も一年一年大人になっていく。それ成りに、棚田でいろんなことを学んでほしいと願う。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.